まず前提として「カードローン」はうまく、それこそ計画的に使用すればかなり便利ではあります。

すぐに返済すれば利子もそれほどではなく、どうしても必要な際に助かることもあると思います。

それは多くの人が理解していて、それでいて結果的に返済に悩まされるプロセスを自分の経験談を含めて個人的にまとめたいと思います。

まず大手のカードローンや消費者金融はCMなどでタレントを起用した明るいものでかなりクリーンで危険な印象がありません(CMなので当たり前ですが)。

またそれに加えて最初の利用や返済に付いての応対もかなり丁寧に説明してもらえるので少なからずある「消費者金融」というものへのブラックなイメージがかなり薄れます。少なくとも自分の場合はそうでした。

それによってハードルがまず下がってしまうと危険です。

そこからカードローンに関しては、カードを切って何かが買えること事態が現金での購入よりなんだか重みが軽くなってしまい、ついつい多めに使ってしまいがちです。

消費者金融においては、それを使用している次点で少なからずお金に困窮している人が大半だと思うのですが、

これは良く聞くはなしではありますがそういう状況で限度額に余地があると「口座にお金がある感覚」に近い感覚に陥ります。

これは経験しないと全く共感出来ず、自分もそうでしたがいざその状況になると本当にそうなので恐ろしいです。

これらは自分の主観と経験なので全ての方が当てはまることはありませんが、逆に共感出来る失敗談をお持ちの方も多々いらっしゃると思いますので是非これからご利用の方はご参考にして下さい。